忍者ブログ
アカダマブログ
[762]  [761]  [760]  [759]  [758]  [757]  [756]  [755]  [753]  [752]  [751
京都検定の2級ぐらいと甘く見て、自信満々挑んだのですが、
結果は70点に届かず63点で不合格。
そこで心を入れ替えて今年はできるだけ現地に出かけようと思います。
そんな時、目についたのが、「京の冬の旅」の案内。
この時期奈良でも京都でも閑散期ですので、その時期に普段は見せない社寺の
特別公開がありますが、今回はそういった特別公開の社寺を巡る
観光バスに乗ることにしました。
考えてみると観光バスに乗るのは何十年ぶり、京都を観光するのは、
初めてのことです。
大学は京都ですが、奈良と京都を往復していただけで、観光は一切せず。
大人になっても京都は近すぎて魅力を感じませんでしたので、
この年まで結局京都はどこも知らずじまいというわけです。
しかしこれは私だけでなく、同じように奈良人で京都の大学へ通って
いた人も、大学近くの金閣も銀閣も行ったことがないと言っていました。

今回のバスツアーのテーマは
「京都の幕末・維新の歴史を訪ねて」ということで、
明治維新150年と西郷隆盛に因んだ特別コースです。
今年の京都検定にも出そうなテーマです。

最初の訪問地は清水寺。

相変わらずの混雑ですが、舞台は現在修理中で幕に覆われています。
しかし今回はそこはパスして塔頭の「成就院」へ向かいます。
幕末の勤皇僧として知られ、最後は隆盛と鹿児島湾で入水した
月照と弟信海上人が住職を務め、西郷隆盛や、近衛忠煕らが集まって
密談が行われたという場所です。
なんと、西郷と月照が入水した時に身に着けていた衣が展示されています。



その庭園は「雪月花」の三名園の一つ「月の庭」として知られています。
確か今年の2級の問題にも出ていたと思います。


次が宝鏡寺。
代々皇女が住職を務めたことから「百々の御所」と呼ばれた尼門跡寺院。
人形の寺とも呼ばれこの寺も京都検定ではよく取り上げられるお寺で
皇女和宮ゆかりの寺でもあります。
近くには茶道家元表千家の不審庵。裏千家の今日庵もあります。



次は「定林寺」普通観光で訪れることはあまりないと思います。
萩の寺として知られていますが、今回は勝海舟が京都での定宿と
しており、坂本龍馬も逗留したということでコースに入っています。





最後が東福寺塔頭即宗院。
薩摩の島津氏久の菩提を弔うため創建された塔頭。
西郷隆盛、月照がここで討幕の密議を重ねたと言います。
鳥羽伏見の戦いでは薩摩軍が寺の裏山から幕府軍に砲撃を加えた
と伝えられています。
関白藤原兼実の山荘「月輪殿」の庭園も公開されています。
また境内には西郷隆盛が明治維新で戦死した524霊の名前を
斎戒沐浴して一人ひとり揮毫した「東征戦亡の碑」が残されています。
 
さすがにこの時期、秋や春にはごった返す東福寺通天僑も人は少ないです。

月輪殿庭園


今回のバスツアーはこの時期しか見れない庭園や寺院が組み込まれていて
個人ではなかなかこうわ手際よく回れないし大変有意義でした。
しかしさすがに千年の都、奈良検定より時代の幅が広く、
また寺院の数もけた違い。
相当勉強しなければ合格は難しいと実感させられました。

途中、清明神社の前を通ると、 フィギュア―スケートの羽生選手の
勝利を祈る人で行列ができていました。
次はフりー。
頑張ってほしいです。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マスター
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
奈良市にあった喫茶店『可否茶座 アカダマ』の元マスター.
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © akadama All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]