忍者ブログ
アカダマブログ
[740]  [743]  [742]  [741]  [739]  [738]  [737]  [736]  [735]  [734]  [733

 
A級は昨年A級のみで単独に開催されていますので、

今回はB級以下の部の大会です。
A級は4段以上。B級は2、3段。C級は初段。D級は初段を目指すもの。
E級は小学生以下を含む無段者の部と区別されています。
競技かるたはプロというものが存在しないので皆純粋に競技かるたを
愛好するもののみの大会です。
一応上位入団者には賞品とトロフィーは授与されますが、
参加者はそういったものが欲しくて参加するのではなく、
競技かるたを楽しむため、あるいは、より上位の段を得るために全国から
交通費も自腹で参加する訳ですから、今では珍しい本来のアマチュア競技の原点が
ここにあります。

開会前の受付風景です。
大げさでなく、老若男女いろんな人たちが全国から参加します。
ここ数年漫画「ちはやふる」のおかげで全国的に参加者が急増し
東京あたりでは収容しきれなく、定員制を敷く大会も出ています。
それというのも、勝ち抜き戦が基本ですから、あまりにも参加者が多いと
決勝戦まで7回戦8回戦ということとなり終了まで時間がかかるため
会場の都合もあり、また遠方の参加者では帰りの交通手段がなくなるといった
事態も起こるからです。
奈良大会も最近は500名を超える参加者が押し寄せます。
私がやっていたころは、せいぜい200名。
なかなか増えないかるた愛好者の数を嘆いていたのがうそのようです。

受付が終わると開会式。
今年は秋に国民文化祭が奈良で開催され、かるた競技も10月にその一環で
橿原市で開催されるため、橿原市のキャラクターさららちゃんも応援に駆けつけてくれました。
さららの名前は持統天皇のうののさららからつけられたとかで、
百人一首にも持統天皇の歌がありぴったりのキャラクターです。

子供たちにとりかこまれるさららちゃん。


開会式にも参加です。
 

各クラスに分かれていよいよ競技開始。
最初に15分間の暗記時間があり、
ここで並べた札の配置を完全に頭の中にインプットします。
競技が始まると進行と共に札の配置も数も変わっていきますから
暗記と前の配置記憶の消去、さらには読まれた札を頭の中で整理しながらと言った作業を
絶え間なく試合中頭の中で繰り返します。
そして後は反射神経。
更には試合1時間強、勝ち進めば数時間にも及ぶ体力と気力
そして集中力の戦いです。
試合中は観覧者も物音を立てるのも、咳をするのも気を使って
試合の邪魔をしないようにしなければいけません。
こういったところがとても見せる試合といかないところです。

今日も決勝までは6試合。9時半にスタートして終了は7時ごろの長丁場です。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 千鳥祐宣]
[05/07 鴨媛]
[10/28 鴨媛]
[07/29 卜部]
[04/22 葛井悠煕]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マスター
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
奈良市にあった喫茶店『可否茶座 アカダマ』の元マスター.2013年奈良大学通信学部文化財歴史学科を卒業。奈良まほろばソムリエ検定第1期ソムリエ取得。第1回小倉百人一首検定1級合格。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © akadama All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]