忍者ブログ
アカダマブログ
[753]  [752]  [751]  [750]  [749]  [748]  [747]  [746]  [744]  [740
案内を頂いたので初めて参加させていただきました。
漢国神社は「かんごう神社」と読み、近鉄奈良駅の近く、やすらぎの道沿いに鎮座します。
その由緒は古く推古天皇元年2月に大神君白堤(おおみわのきみしらつつみ)が
園神(そのかみ)を祀り、その後元正天皇の養老元年藤原不比等がさらに韓神(からかみ)
を加えて祀られたのが始まりとされています。
本殿は桃山時代の建築で県の重要文化財の指定されています。

しかしながら、この神社が世間に知られているのは
その境内にある饅頭の神様として知られる林神社の存在です。
林神社は日本に初めて饅頭をもたらしたと伝えられる林浄因を祀ります。
毎年4月19日に例大祭が行われ全国から菓子業者が集まり盛大に饅頭祭りが
行われることで有名です。
その林家の7世林宗二は戦国時代、町人には珍しい学者であり、日本の文化史上で
日本初の百科事典である「饅頭屋本節用集」
を刊行したことで、出版・印刷の祖神として貴ばれています。
その偉業をたたえるため「節用集まつり」が執行されており今年で41回目とのこと。
当日は祭典に引き続き講和として、天理大学名誉教授太田 登氏の
「奈良をめぐる近代歌人たち  
  ~会津八一と前川佐美雄~」という話がありました。

実はアカダマはこのどちらにも縁があり、会津八一さんが奈良で日吉館を定宿と
されており、その縁が戦後も引き継がれ、毎年早稲田の学生が夏に奈良日吉館
に長期滞在するのが恒例となっていました。
そして父の代。
日吉館のおばちゃんに朝、宿を追い立てられた早稲田の学生が
その日の行動を相談するのがアカダマというわけで、毎年のように
早稲田の学生が店に来てくれていました。
これは日吉館が宿を畳むまで続きました。その学生の中からは多くの学者が育っています。

今一人、前川佐美雄さんは当時朝日カルチャ―の奈良教室を主宰されており
毎週その帰りに生徒さんを連れてアカダマに寄られる習慣が
お亡くなりになる間際まで続いていました。
そんなわけで、今回の話しは特に興味深く聞かせてもらいました。

講話の後の直会で挨拶されたのが塩瀬総本家の方ですが、
実はこの塩瀬総本家こそが、日本第一番本饅頭所と足利義政から看板を許された
林家が代々塩瀬を家号として江戸で開業した菓子屋さんの末裔というわけで
春の饅頭祭り、この節用祭りには例年出席されています。


 
 
アカダマの後継店舗である「ことのまあかり」の生駒あさみさんが文を
そしてイラストは上村恭子さんで淡交社から出版された「天皇になった皇女たち」
という本がありますが、その本の中で紹介されていて私は初めて知ったのですが
この漢国神社の境内には白雉塚という塚があります。
この塚には元正天皇に吉兆として百済王より献上された白雉が埋められているとのことです。

まだまだ知らないことが多いことに気づかされた次第です。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 千鳥祐宣]
[05/07 鴨媛]
[10/28 鴨媛]
[07/29 卜部]
[04/22 葛井悠煕]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マスター
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
奈良市にあった喫茶店『可否茶座 アカダマ』の元マスター.2013年奈良大学通信学部文化財歴史学科を卒業。奈良まほろばソムリエ検定第1期ソムリエ取得。第1回小倉百人一首検定1級合格。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © akadama All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]