忍者ブログ
アカダマブログ
[734]  [733]  [732]  [731]  [730]  [729]  [728]  [727]  [726]  [725]  [724


7月26日(日)に平成28年度春の独検が奈良は奈良女子大を会場として行われました。
私は今回は2級の検定に臨みました。
もとより合格は最終的な目標ではありますが、
今回は、今の自分の実力を図るための受験でしたが
結果は惨憺たるもので、まだまだ勉強の必要を痛切に感じさせられました。

60歳を過ぎて仕事もリタイアの時期を探っていた時、奈良で「奈良まほろば検定」
と言う、いわゆる奈良検定が実施されました。
そこで早速受験することとし、2級、1級、ソムリエと受験を重ねるうち、
若い時代にはあれほど嫌いだった勉強、そして試験と言うものが
実に楽しいものであることに気づきました。
仕事では努力しても必ず報われないことも多いですが、試験は違います。
努力は必ず成果として報われます。
成果が出ないのは、自分自身の努力が足りないことと、自分で納得できます。
そうして試験の面白さ、勉強の楽しさに60を過ぎて気付き、ソムリエ検定が終わった後、
今度は奈良大学の通信制に入学して、そこで試験、レポート
そして最後には卒業論文に取り組み、楽しい2年間の学生生活を送った後、
無事卒業しました。
さあ、そこで次なる目標はと、考え始めた時、
息子からドイツに転勤が決まったと連絡がありました。

それを聞いて即座に次ぎなる目標はドイツ語にしようと決意し、
折よく新聞に載っていた天理大学のサテライト教室にすぐさま申し込みました。
ドイツ語は大学時代に第二語学として取りましたが、何せ半世紀前。
デルデスデムと言うことだけ、呪文のように記憶にあるだけと言う状態でした。
それから3年。
教室も毎年新しい人が入ってきては去っていき、いつしか主のような存在となりましたが
それもまた新鮮で刺激もあり大変楽しい時間が過ごせています。

ただ勉強するだけでは。なかな身につきませんが、幸いドイツ語検定と
 があることを知り、毎年受けることにしました。
毎年春と秋年に2回あり、ちょうど目標とするにはいい間隔です。
2年目で5,4級、3年目で3級と順調に来て、今回の2級でしたが、
ここで、そんなに甘いものでないことを思い知らされましたが、
趣味の勉強これで決してくじけはしません。
また明日から挑戦です。

ドイツ語は名詞に性があります。
自然界の性と一致するものもたまにありますが、大部分は全く関係ありません。

そしてその性に応じて冠詞が変わります。
それがder,des,Dem,dieと言うやつです。
それだけでなく、名詞の語尾も変わります。
おまけに形容詞まで語尾変化します。

覚えることは山ほどあります。
70を過ぎて果たしてどこまでたどり着けるか、年を言い訳にするつもりはありません。
 今日10覚えて明日には9忘れる状態ですが、それでも1は進歩しています。
ざるで水をすくうというたとえがありますが、それでも一生懸命すくい続けば
いつか水は溜まります。
毎日遣らねばいけないことがあるのは。いい刺激です。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 千鳥祐宣]
[05/07 鴨媛]
[10/28 鴨媛]
[07/29 卜部]
[04/22 葛井悠煕]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マスター
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
奈良市にあった喫茶店『可否茶座 アカダマ』の元マスター.2013年奈良大学通信学部文化財歴史学科を卒業。奈良まほろばソムリエ検定第1期ソムリエ取得。第1回小倉百人一首検定1級合格。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © akadama All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]