忍者ブログ
アカダマブログ
[696]  [695]  [694]  [693]  [692]  [691]  [690]  [689]  [688]  [687]  [686
 
6月28日(日)に奈良女子大で春の独検が実施されました。
私は昨年の秋に続いて3級に2回目のチャレンジです。
今回は私が習っているドイツ語の教室からも5級に一人、同じ3級に一人が受験します。
9時半前に奈良女につくともう一人が教室で待機していました。
前2回は一人での受験でしたが、仲間がいてると何かと心丈夫です。
ただ、朝から最後の勉強をせずに5時から女子サッカーを見ていて、
それでなくてもぼーっとした頭がより朦朧としていましたが、
言い訳にはなりません。
前回が不合格で1年間、3級の勉強をしてきたことになりますが
いざ受験となると、まだまだ準備不足と感じます。

1問めは、発音問題。これはまあ、大丈夫だとおもいます。
2問めが前置詞。
前回はこれが全くダメでしたが、今回も準備した動詞と結びつく前置詞は1問出ただけ,
後は全く分からない問題でした。

3,4、5問は適当な語句を入れる問題。
これも自信をもってできたものはありません。



6,7,8は長文問題。
これは難しい語句が多くなかなか内容の把握が難しく、結局すべて終了したのが5分前。
これで前半の試験は終了。

休憩を挟んで、後半は聞き取り。
こちらは全く、準備不足で自信がありませんでしたが、
結果はやはり、惨憺たる出来。

数字の聞き取りが三桁のうち2桁しかわからず、これも不出来。

とにかく、これで試験は終了、いずれにしろ、これで試験勉強から解放され
あとは結果を待つだけ。

中高年になってからの受験は、結果ではなくこの過程が楽しみです。
はたして通っているか、ダメか、ドキドキしながら郵便受けを覗く
ことが毎日の日課となります。
この試験は70点取ったら合格と言ったわけでなく、一種の偏差値。
試験ごとに合格点が変わります。
前回私は58点。これが微妙な点で、その前の試験では56点が合格最低点で、
ですから、全く可能性がないわけではないが、果たしてという点でしたが、結局
その年の合格最低点は64点で不合格。
今回も自己採点では、60点をわずかに越したかどうかという感じで、
これまた微妙な点です。
ですから、発表があるまで、ダメと決まったわけでもなく、希望も残り、
それだけに、結果の知らせが待ちどおしく、楽しみも、しばらく続くわけです。
結果はおそらく8月中旬。
それまで希望をもって郵便受けを覗く生活が続けられます。



PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 千鳥祐宣]
[05/07 鴨媛]
[10/28 鴨媛]
[07/29 卜部]
[04/22 葛井悠煕]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マスター
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
奈良市にあった喫茶店『可否茶座 アカダマ』の元マスター.2013年奈良大学通信学部文化財歴史学科を卒業。奈良まほろばソムリエ検定第1期ソムリエ取得。第1回小倉百人一首検定1級合格。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © akadama All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]