忍者ブログ
アカダマブログ
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
少し話は遡りますが、ヨーロッパに始めてもたらされたお茶は、日本のお茶でした。
1609年、オランダ東インド会社の最初の舟が九州平戸に来航しました。
この舟が翌10年、平戸からバンタムを経由しオランダへヨーロッパへ最初のお茶をもたらしたのです。
そして、それからも日本のお茶が如何に儀礼に従って飲まれているかを、新鮮な驚きと共にヨーロッパへ伝えたのです。
おりしも日本は、家康によって天下統一がなされ、千利休によって確立された茶の湯が完成を見た時期でした。
今まで見てきたように、東インド会社の競争によって、オランダにコーヒーで負けたイギリスは、その後はお茶が主たる飲み物となり、やがては中国とアヘン戦争を引き起こしたり、アメリカとはボストンティーパーティ事件を起こし、やがてアメリカ独立のきっかけとなったり、お茶をめぐって大きな変動をもたらしたのですが、それは歴史の勉強に任せて、とにかくここでは、イギリスでお茶が盛んに飲まれ、また日本のお茶文化の影響の下、紅茶がセレモニーをともなって飲まれ、カップも日本の焼き物の影響を大きく受けたということに留めておきましょう。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
TRACKBACK
trackbackURL:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マスター
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
奈良市にあった喫茶店『可否茶座 アカダマ』の元マスター.
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © akadama All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]