忍者ブログ
アカダマブログ
[706]  [705]  [704]  [703]  [702]  [701]  [700]  [699]  [698]  [697]  [696
フランクフルトから始まったこの旅も, いよいよ旧東ドイツ地帯に入りました。
と言っても、さほど周りの景色が変わったという感はありません。
ただ,今まで見たことのなかった、かやぶき屋根の家が見られるようになりましたが、
この地方の特徴なのかはわかりません。


次の目的地は7つの湖の町Stadt der sieben Seent
と呼ばれる湖水地帯にある古都シュベリーン。
 


そしてこの町の最大の見どころは湖に浮かぶように立つメクレンブルク大公
フリードリッヒ・フランツ2世の居城シュベリン城です。
フランス・ロワール地方のシャンポール城をモデルに19世紀中ごろに建てられた
何本もの塔が林立する、まさにおとぎ話に出てくるような美しい城です。


この日は今回のツアーで初めての雨、気温もぐっと下がって最高で20度を下回りました。

残念ながら庭の散策も雨の中。クレーンは城が今なお修復中のためです。

王の玉座です。

閑話休題

 ドイツ語の挨拶。
教科書では Guten Tag(グーテンターク)です。
しかし最近のドイツではこれは堅苦しいとされ、接客の場でさえ
「ハロー」が一般的です。
それとは別に南ドイツでは「グリュース ゴット」という挨拶が使われますが我々旅行者が、
使う機会はほとんどありません。
でも使うと、相手は「おっ」という反応をして喜んでくれます。
私はミュンヘンで何度か試してみましたが、おおむね好評?でした。

次に北ドイツでは「モインモイン」という挨拶があります。
ベルリンあたりではなかなか使う機会がありませんが、私は今回はリューベックで使う機会があり、試しましたが笑顔で応じてくれました。
皆さんがドイツへ行く機会があれば試してみてください。
今回の旅行でドイツと日本について多く考えることがありましたが、最後にまた書いてみたいと思っています。

さて私の旅行も最後の目的地ベルリンへ向かいます。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 千鳥祐宣]
[05/07 鴨媛]
[10/28 鴨媛]
[07/29 卜部]
[04/22 葛井悠煕]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マスター
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
奈良市にあった喫茶店『可否茶座 アカダマ』の元マスター.2013年奈良大学通信学部文化財歴史学科を卒業。奈良まほろばソムリエ検定第1期ソムリエ取得。第1回小倉百人一首検定1級合格。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © akadama All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]