忍者ブログ
アカダマブログ
[701]  [700]  [699]  [698]  [697]  [696]  [695]  [694]  [693]  [692]  [691
宿泊したハノーハーはニーダーザクセン州の州都。
18世紀にはイギリス国王も兼ねたハノーハー王家ゆかりの地ですから
見どころも多くありますが、今回はホテル到着が7時過ぎであくる朝8時半出発。
残念ながら観光はできませんでした。
ただフランクフルトからの中継地としては絶好の位置で、ここからハーメルンまで約60k1時間ほどで到着します。
ハーメルンはウエザー川そばに位置し人口は約6万人。
交通の要衝として経済的に繁栄し、裕福な商人らが競ってウエザールネサンスという華やかな装飾を施した家々を建築し、美しい街並みを今に残しています。



しかしハメルーンの名を世界的なものにしたのは、なんと言ってもグリム童話の
「ハメルーンの笛吹き男」の話です。
この話は実際に1284年の6月26日に130人もの子供たちが忽然と失踪した
という話に基づいていますが、その理由についてはよくわかっていません。
しかし、この話のおかげでハメールンには今も世界中から観光客が
訪れるようになったのですから笛吹男に感謝しないといけないでしょう。

町の観光には道に埋め込まれたネズミをたどれば行けるようになっています。

そして我々の昼食は「ネズミ捕り男の家」Rattenfangerhausでいただきました。

この店のわきから始まる路地が,子どもたちが連れ去られたという
舞楽禁制通りBungelosenstr.です。





そして提供される料理がこの町の名物「ネズミのしっぽ料理」(実際は豚肉の細切りです)。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 千鳥祐宣]
[05/07 鴨媛]
[10/28 鴨媛]
[07/29 卜部]
[04/22 葛井悠煕]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マスター
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
奈良市にあった喫茶店『可否茶座 アカダマ』の元マスター.2013年奈良大学通信学部文化財歴史学科を卒業。奈良まほろばソムリエ検定第1期ソムリエ取得。第1回小倉百人一首検定1級合格。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © akadama All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]