忍者ブログ
アカダマブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
もう年なのであまり間口は広げず最近は春日大社周辺に集中しています。
社家について調べていくうちに、その根本である藤原氏について
もう一度調べてみることにしました。
千年の名門貴族である藤原氏のルーツは、はっきりしています。

藤原氏の始祖である鎌足は天智天皇8年10月16日に
56年の生涯を閉じました。

『日本書紀』によれば、鎌足の病中にに天智天皇は
3度にわたって詔を発しています。

その最初は10日で病床にあった鎌足を見舞った天智天皇が

「何か望むことはないか」と声ををかけます。

 

「天道、仁を輔くること、何ぞ乃ち虚説なしとも、善を積みて余の慶あること、
 猶、是微无からんか、「若し須める所有らば,便ち以て聞くべし」

それに対し鎌足は答えて 
  

「臣、既に不敏、当にまた何をか云わん、但し其の葬事は宜しく軽易を
用うべし、生きては則ち軍国に務なし、死しては則ち何ぞ重ねて難さん」

天皇、国家に対して臣下として、責務を十分に果たせなかったから、
あるいは、益無しであったから、葬儀は簡素にして欲しいと言います。
この「軍国に務なし」で使われている国という概念、
 軍という言葉という言葉は耳慣れない言葉で解釈も
 わかれるところですが、ここではあまり深入りはしません。

更に15日に東宮大皇弟大海人皇子を遣わして


「大織冠と大臣の位とを授く。仍りて姓を賜いて藤原氏とす。

 

翌16日辛酉に藤原内大臣薨せぬ。」
最初の10日の詔は、天皇が鎌足を見舞って枕もとで口頭で発したと思えます。
この15日はおそらく文書と思われます。

さらに甲子(19日)に天皇大錦上蘇我赤兄に命恩詔を奉宣ふ。
仍、金の香鑢を給ふ。とありますが
この詔は日本書紀には記されておらず、『家伝』にあります。

(はる)かに前代を思うに、執政の臣は、時々世々一・二に非るのみ,
而るに労を計り、能を校べるに公に比ぶれば足らず、但、
朕は汝の身を寵するのみに非ず、後嗣の帝王、実に汝の子孫を恵み、
忘れず遺れず、広く厚く酬答せん,頃、病重しと聞く、
朕の意ますます軫む、汝の得べきの任を
作らん」


こうして鎌足の死に当たって天智天皇は鎌足に藤原という姓を与え、さらに
後嗣の帝王、実に汝の子孫を恵み、忘れず遺れず、広く厚く酬答せん」
と藤原氏の子孫に対してまでの厚遇を約束し、
ここに藤原氏と天皇家の結びつきは、天智天皇、更に大海人皇子(のちの天武天皇)
更に官僚のトップである蘇我赤兄を証人として確約されたわけです。
この子孫に対する約束は100年後の称徳天皇によって
藤原永手の右大臣就任に当たって「志乃比己止(しのびこと)の書)
」として再確認されます。
こうして藤原という名前が鎌足に授与されましたが、
鎌足はその2日後に亡くなります。
鎌足が藤原鎌足であったのはわずか2日間のみです。
そこでこの名前がその後どうなったかが問題です。

 


 

PR
ことしの夏は、例年以上に暑い夏ですが、我が家では
この夏に外国人を家に招待するという初めての経験をしました。
話の始まりは1通のメールでした。
私がアカダマをやっていた時、奈良女の学生で毎日のようにコーヒーを
のみに来てくれて、親しくなった女性がいました。
彼女は今、アメリカのコーネル大学の生物学の先生になっています。
その彼女から、今年の夏、獣医学部の大学院の学生が奈良の鹿の生態を
研究するため2月間奈良に行くのでよろしくということでした。
たった一人で異国に研究のため奈良に来るとのこと。
話を聞いた以上はほっておくわけにはいきません。
 そこで愛護会に、こういう学生が来るから受け入れをよろしくとお願いに行きました。
そこまでは準備はしましたが、私は多くの日本人がそうであるように
中学、高校、大学と一応10年間英語は習ったものの、しゃべれません。
そこで知り合いの英語をできる人に応援を頼んで、
奈良で困ったことがあれば、なんでも相談にのるからと手紙を書いて、
それを英文に直してもらい鹿の愛護会に言づけました。
そして6月、いよいよその学生が奈良に来て愛護会やってきました。
早速彼女から私のレターを読んだとメールが届きました。
そんなやり取りの後、初めて彼女を家に招待することになりました。

初めての外国人のお客さん。それも初対面。
本当にドキドキでしたが、会ってみると、私の拙い英語も
彼女は一生懸命聞いてくれて、辞書を片手に会話をすることができました。
 最初の訪問は思っていた以上に楽しい時間を持つことができ、
それから数度、家に招待したり、祇園祭に一緒に行ったり、
ドイツ語の会話教室の先生が英語ができるので、連れて行ったりと
交流を深めました。彼女はドイツ系のブラジル人で幼少期は上海で過ごし、
現在はアメリカで勉強中ということ。
こうして2月間に何度も会い、やがて彼女が帰国する前日も
我が家で食事をし,彼女には家族のように思っているよと伝え
何時か又会えたらよいねと言って別れを惜しみました。
まさか70歳を過ぎてからこうして外国人を家に招待して会話をするなんて
夢にも思わない出来事でしたが実の貴重な体験をさせてくれたことに
今は感謝しかありません。
そしてアメリカへ帰国後お礼のメールが来ました。
あて先は何と、私が家族のように思っていると言ったことに答えて
おじいさん、おばあさんと呼んでくれています。
彼女はそういう気配りができるクレバーな子です。
拙い英語での会話でしたが、結局はheart  to heart,ちゃんと心が通じ合ったようです。
この夏、良い思い出ができました。
この話にはまだ続きがあり、彼女の帰国後、サプライズで昔の奈良女時代からの
知り合いの先生夫婦がアメリカから帰省の間、時間を割いて
奈良まで会いに来てくれました。
 

Hello Obaasan and Ojiisan!

 

Thank you so much for such a wonderful summer.

 

You both brought me into your home and into your hearts and I will never forget it!
I will miss you both very much.
I will return one day! You are both so kind and generous, and I love you as my own family!

 

 I arrived in New York last night and just woke up.

 
 
 

アカダマ会の例会の翌日春日大社で東京理科大伊藤教授の講演がありました。
まず全国の主な社家町と社家住宅について。
京都の上賀茂神社、島根の出雲神社、三重の伊勢神宮、
広島の厳島神社、山梨浅間神社の御師町などの紹介です。
社家町そのものの歴史はもっと遡りますが、17-18世紀に
進展したが、現存する近世社家住宅は19世紀前半から幕末期の
建築がほとんどであるということです。
春日の社家町である高畑は建治2年(1276)には存在し元禄2年(1698)
には禰宜町としてご赦免地となり家数80軒すべてが禰宜屋敷であると
記録にあります。
その中で藤間家住宅は高畑町にあって18世紀にさかのぼる
古式を留めた社家住宅の空間構成が良好に残された唯一の歴史的
建造物であり、全国的に見ても稀有な存在であるとのことです。
さらに明治の国家神道による旧神官免職の後も住み続けられたことで
その住環境は現在まで継承された貴重な存在であると指摘されました。

話は違いますが、私の友人から高畑はかっては遊郭があったそうだと
言われ、いったいどんな本にそれが書いてあるのか聞いたところ、
光文社文庫『奈良の旅』で、著者は松本清張・樋口清之氏でした。
松本清張氏はフィクションの人ですから何を書いても自由ですが
樋口氏は考古学の泰斗。
その方が書いてあることは真実と受け取られかねません。
社家町と門前町は大体において別の場所にあるのが普通で、
そのことは、伊藤教授も講演の中で指摘されていました。
 高畑は社家町であり、春日の門前町ではありませんが、
樋口氏は両者を混同し高畑が春日の門前町であり遊郭が栄えたと
書かれており、これは全くの誤謬です。
そのことは、はっきりとここで指摘しておきます。
さて余談が長くなりましたが、鎌倉時代から社家町として栄え、
明治以降はその立地と景観が醸し出す雰囲気で多くの文人が魅了された高畑。
そして現在唯一の現存する根宜屋敷である藤間家を保全し、
高畑の独特の景観を後世につなぐため、一般社団法人高畑トラストが設立されました。
現在賛助会員・寄付の申し込みを受け付けています。

お問い合わせはEmil   shingosakuma@gmail.com 携帯08066366771



さて、春日社の神官は当然社家だけというわけではありません。
ざっと200人以上の神官が春日社にはいました。
その中で社家は、会社でいえば、いわば役員クラス。
そこで実務をこなすのが禰宜と言われる神人です。
社家には大東家と辰市家さらにそこから若宮社の創設と共に分離した千鳥家、
更に神祇官の大中臣家があると言いましたが、禰宜以下の神官も
その3グループに分れ一種の座を構成していました。
大東・辰市家を中心とする春日社の参道に居を構えたことから
南郷と言われた南郷社家グループ。
参道の北に居を構えたことから北郷と呼ばれた大中臣北郷グループ。
更に若宮社のグループの3グループです。
それぞれに社家と禰宜が属していました。
社家に対して禰宜家はいわば実務を担当する部課長クラスと言っていいと思います。
神人(禰宜)の最重要職は常住神殿(しんでん)(もり)で南北郷各一名が世襲し、
これがいわば部長クラス。

  南郷常住家は名に春が尽き采女を世襲する梅木家。
その他に梅田、藤馬、山田、丹坂、酒殿等の諸家が南郷に属しており、
元禄年間には百二十三家、幕末でも三十二家が髙畠に居住
北郷常住は、名に守がつき宮内を世襲する大宮家。
他に藤林、榊原、榊、坂木、藤間、秀能井、久保、など慶長の頃で一八人、
元禄で百七十人、幕末で二十四家が高畑に居住。

 

若宮禰宜では常住神殿守を勤める若宮家。

若宮上番は若宮神主の傍系で名に宗が付き若宮縫殿と号し、
下番は南郷常住の分家で、やはり名に春が付き和上谷宮内を号した。

和上谷家他、若宮宮内、拝殿、櫟木、池上、中垣、藤枝、辻井を含めて
元禄期で九十二人、幕末で十四家が高畑に居住していました。

 

社家は職が家ごとに移るのに対し、常住神殿(しんでん)(もり)は世襲であることから、
故実に詳しく社家を補佐し社務の要となったが、身分的には社家と厳格に区別された。

神殿守は各神人座の上﨟六名で、旬祭を始め恒例臨時の祭典に御供役を勤仕し
全ての課役を免除されていました。


禰宜の仕事としては社家の下に社頭の警備や神事の助役、祈願を奉仕したり、外院小社の神主に任じられました。
常住神殿守は氏長者から補任され、神殿守らの禰宜四五家が一五五二石の禄を配分していました。
その他に禰宜の活動で大事なのは御師活動で、春日大社への寄進の取り次ぎをします。
その活動の様子が分かる証拠に灯篭の竿の裏に刻まれた取次ぎをした御師の名前があります。

 春日社では社家と禰宜家は厳密に区別され、それがまた北郷禰宜
南郷禰宜、若宮禰宜と区別されていました。
大中臣系の北郷社家・禰宜家は神祇官から任命されてきたいわば中央から
地方に赴任したエリート官僚。
従ってプライドは高く、中央の摂関家との関係をなにかと誇示しました。
それに対し、若宮系を含む中臣系の社家・禰宜家は鹿島香取から
春日社の創建にさいし神に従って奈良に来たという由緒を誇って互いに
いわば勢力争いを繰り広げてきた歴史があります。
 藤間家は北郷に属し北郷の神殿守を勤める家柄でした。
仁和元年(885)に大柳生庄・坂原庄・邑地庄・小柳生庄の神戸四箇郷が関白藤原基経の荘園となっていましたが、長暦二年(1038)、宇治関白頼道が四箇郷を藤原氏の氏神である春日神社に社領として寄進し、小柳生庄は大膳永家をそれぞれ荘官に任じて神領を奉行させたと言われており、この小柳生がのちの柳生で、永家の末がこの地を領し、庄名をとって柳生と名乗ったと言います。ちなみに、大膳永家の本姓は菅原氏であったと伝えられ菅原永家となっています。 
その菅原永家が藤間家の家祖であるとされていますが、藤間家の佐久間氏にお伺いしたところ
系図では長道となっているとのことです。
何れにしろ北郷グループとして藤間家も摂関家より任命された家柄である由緒を
示しているわけです。


 

今回アカダマ会で春日の社家について取り上げたのは
現在春日の禰宜家である藤間家の親族である佐久間氏の手によって
高畑トラストが立ち上げられ、奈良県・春日大社も協力して
藤間家住宅の修復プロジェクトが進行中だからです。
藤間家住宅の建築的特徴と歴史的価値については
東京理科大工学部建築学科教授の伊藤裕久教授の手によって
同家に残された幕末から明治期の古文書・資料の調査は
奈良大学名誉教授の西山要一教授によって、さらに当家の在する
高畑町の景観については京都大人間・環境学研究科の増井教授研究室の村上氏
の手によってと各分野の専門家の手によって多角的に調査が進められています。

現在覆い屋がかけられた藤間家の外観。
築地塀と右側に表門(薬医門)がみえる。その中に見える木は
神木である高野槇。
  
傷みの目立つ屋根瓦。

内部表座敷の床の間。

春日の社家について一応おさらいです。
一般に社家とはその神社に代々奉職する家という意味で使われます。
春日社に限っては少し違って、社家とは鹿島から神に従って奈良に
お供してきた中臣の時風・秀行の兄弟を始祖とする、辰市・大東の両家。
鎌倉時代に若宮社が創建された時に辰市家から分離して若宮神主となった千鳥家。
さらに後に神祇官から春日の常勤の神主に任命された大中臣氏の中東家。
この3惣官とその別れのみを社家と称しています。
多少の増減を経て幕末には19家が存続していました。
名前を次にあげておきます。

 

中臣社家として 十一家

 辰市若狭守祐愛・辰巳出雲守祐淳・大西伊勢守延弘・今西豊後守祐彦・
辰市大隅守祐斐・大東安芸守延慶・富田大和守光美・南丹後守祐之・
東地井美濃守祐親・千鳥近江守祐順・井原筑前守祐門

大中臣社家 八家

 向井越前守師潔・西丹波守師香・中肥前守時教・中西筑前守時敬
・正真院相模守経利・奥甲斐守経貞 中東摂津守時庸・奥田土佐守成季 

このように、辰市・大東・千鳥・中東という名前が明治に至るまでみられます。

禰宜家については次回に書きます。

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マスター
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
奈良市にあった喫茶店『可否茶座 アカダマ』の元マスター.
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © akadama All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]