忍者ブログ
アカダマブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
町内の地蔵盆が終わりました。
関西では7月か8月の地蔵さんの縁日である24日に各町ごとに祀られている
地蔵さんを、地蔵盆としてお祀りするところが多くあります。
私の住む地域でも毎年7月23日に町内の大切な行事として地蔵盆を行います。
今年は私が当番年で、いろいろ準備があり、当日の天候の心配やら、ゲームの手配、
そして実際に子供たちが遊びに来てくれるか、ゲームを楽しんでくれるか、
色々気をもみましたが、天候にも恵まれ無事終わってホッとしています。
  ところが長年この地域に住んでいながら肝心のお地蔵さんについてはよく知りません。

 そこで、持ち前の好奇心から、地蔵様の由来について町内の方にいろいろお聞きしたところ
昔、町内の方で町の古老に聞いた地蔵様の由来についての聞き書きを小冊子にされていることが分かりました。
 
  1952年にその当時まだご存命だった地蔵さんをお祀りしてある家の当主から
聞き取った内容をまとめられたものですが、平易な文章で大変分かりやすく
書かれた興味深いものでした。
 
 
その本によれば昔、高畠に奥薬師堂と言うお堂があり、その境内の柳の堂と言うお堂に
地蔵さんが祭られていたそうです。
 ところがが何時のことかはわかりませんが、そのお堂が兵火に焼かれ、
その時に近くに住む能楽師で「そろり」と言う人が
炎の中からお地蔵さんを救い出しました。
そしてその人が寄宿していた家の床の間に安置し長らくそこでお祀りしていましたが、
やがて明治42年になって町内の有志でお金を出し合ってその家の隣に
地蔵堂を立てたのが現在の地蔵さんであり、名前も柳地蔵と言うことです。

以来100年近く町内で毎年地蔵盆には町内を挙げて地蔵尊をお祀りして
現在に至っているという話です。
 
すべては昔語り、何一つ証拠はありません。
そこで奥薬師堂が実際にあったのかを調べてみることにしました。 
『奈良坊目拙解』と言う書物があります。
この書は享保20年に、無名園古道翁が5年の歳月をかけて書き上げた奈良の郷土史です。

その書によれば、道音房と言う人が、いまは廃絶した興福寺の別院である龍華樹院を再興し
た薬師堂を道音房薬師と称し、その当時社家屋敷が入り組んだ奥の行あたりにあることから
奥薬師と称したとあります。
現在で言えば、高畑大道町の新道のあたりです。
地蔵尊に関してはそこに祀られていたか定かではありませんが、その龍華樹院の本尊が地蔵尊であったという記述があり、その地蔵尊をこの奥薬師に移した可能性があります。
以上のことから、わが町の地蔵尊が奥薬師堂に祀られていたお像である可能性は高いことが
分かりました。
炎の中から救い出した能楽師の「そろり」と言う人は調べてみましたが記録は見つかりませんでしたが、「そろり」と言う姓は曽呂利新左エ門で知られているように,姓としては存在し、今の大阪府の議員で曽呂利と言う方が実存します。

現在の地に地蔵堂が立ったのは明治42年、そしてその敷地なった家は、何と現在は川崎市に移築され、神奈川県の県指定重要文化財として保存されています。

その旧家が解体されるにあたって従来間口1間奥行き3間の建物であった地蔵堂も移築され
1間四方の建物となって今に至っています。

以上が今までに分かったことですが、もう少し町の歴史なども合わせこれから調べてみようと思っています。

PR
7月16日の土曜日、10時から「ことのまかり」さんで
第2回のアカダマのトークイベントが行われます。
前回2月に第1回を開催した時に来れなかった人から
是非もう一度開いてほしいとの声が多かったそうです。
 
閉店してから5年、未だに覚えていただけているだけでなく、
懐かしんでもらえるのは本当にありがたいと思います。

半面、正直私としては,”ホンマかいな”と言う気持ちもあります。
私自身のアカダマに対する認識と世間の認識にはギャップがあるようです。

先日も最近知り合った人に、あの伝説のアカダマのマスターですか?と驚かれて
 伝説のなんてと、逆に驚きましたが、また別の機会で奈良大学の先生と話をしていて、
あのアカダマのマスターですかと聞き返され、私のほうが驚いたり
昔から知っている奈良文化財研究所の人が、仲間にアカダマのマスターと知り合いだ
と言ったら驚かれたといった話もありました。

あれやこれやで、この機会に私の話を聞いていただくというより、
私が皆さんにアカダマをどう思っているか、あるいは思っていたのか?
またそれはなぜなのかと言ったことを、いろいろ話し合ってみたいなと思っています。

申し込みはことのまあかりさんのホームページhttp://www.furukoto.org/kotonomaakari/
からになります。
但し、スペースの関係で定員は12名とのことです。
 
 
今度ドイツ語を勉強し始めて驚いたのは、昔と比べて随分と
アメリカ英語の影響がドイツ語に入っていることです。
ちょっとドイツ語をかじった人はご存知のようにder,das,dieの定冠詞の読み方。
以前はderは最後をルと発音していました、デルです。
でも今は最後のRはルとは発音せず英語と同じようにアと発音します。デアです。
同じように母親MUTTERはむかしはムテルでしたが、今はムターです。

挨拶も,こんにちはと言う、グーテンタークを使うより、ハローで済ませます。
接客の場でも同じです。ホテルのフロントでさえ、お客さんにハローと言います。

別れの挨拶もアウフビダーズエンより、昔はなかったチュースが主流です。
OKもよく耳にします。
そして日本語と同じで、数多くの英語がドイツ語に入っています。

ドイツを旅行して思ったのは、残念ながら
旅行者にはドイツ語は必要ないということです。

駅やホテル、買い物すべて英語で十分です。
残念ながら私のドイツ語の語彙力ではまだまだ、英語の方が通じます。
と言うわけで、張り切ってドイツ語を使おうと思っても
なかなかドイツ語を使う機会がありません。
来年にはできたらもう一度ドイツ旅行をしたいと思っていますが、
それまでに、英語よりドイツ語を使えるようになれるか?

EUの中でのドイツの存在感はますます高まりそうです。
英語を話す人は今ではもう珍しくありませんが、
まだまだドイツ語を話せる人は少ないです。
高校の先生が言っていましたが、大学入試で語学をドイツ語で受けた方が
圧倒的にやさしいそうです。
私が通うドイツ語教室も最近少し人数が増えてきました。
何せ進歩の遅い年寄りですが、先輩としては、
2級の試験の出来が悪かったと言って落ち込んではいられません。
これから1年せいぜい頑張って来年ドイツへ行った時には、
英語でなくドイツ語で会話したいものです。


7月26日(日)に平成28年度春の独検が奈良は奈良女子大を会場として行われました。
私は今回は2級の検定に臨みました。
もとより合格は最終的な目標ではありますが、
今回は、今の自分の実力を図るための受験でしたが
結果は惨憺たるもので、まだまだ勉強の必要を痛切に感じさせられました。

60歳を過ぎて仕事もリタイアの時期を探っていた時、奈良で「奈良まほろば検定」
と言う、いわゆる奈良検定が実施されました。
そこで早速受験することとし、2級、1級、ソムリエと受験を重ねるうち、
若い時代にはあれほど嫌いだった勉強、そして試験と言うものが
実に楽しいものであることに気づきました。
仕事では努力しても必ず報われないことも多いですが、試験は違います。
努力は必ず成果として報われます。
成果が出ないのは、自分自身の努力が足りないことと、自分で納得できます。
そうして試験の面白さ、勉強の楽しさに60を過ぎて気付き、ソムリエ検定が終わった後、
今度は奈良大学の通信制に入学して、そこで試験、レポート
そして最後には卒業論文に取り組み、楽しい2年間の学生生活を送った後、
無事卒業しました。
さあ、そこで次なる目標はと、考え始めた時、
息子からドイツに転勤が決まったと連絡がありました。

それを聞いて即座に次ぎなる目標はドイツ語にしようと決意し、
折よく新聞に載っていた天理大学のサテライト教室にすぐさま申し込みました。
ドイツ語は大学時代に第二語学として取りましたが、何せ半世紀前。
デルデスデムと言うことだけ、呪文のように記憶にあるだけと言う状態でした。
それから3年。
教室も毎年新しい人が入ってきては去っていき、いつしか主のような存在となりましたが
それもまた新鮮で刺激もあり大変楽しい時間が過ごせています。

ただ勉強するだけでは。なかな身につきませんが、幸いドイツ語検定と
 があることを知り、毎年受けることにしました。
毎年春と秋年に2回あり、ちょうど目標とするにはいい間隔です。
2年目で5,4級、3年目で3級と順調に来て、今回の2級でしたが、
ここで、そんなに甘いものでないことを思い知らされましたが、
趣味の勉強これで決してくじけはしません。
また明日から挑戦です。

ドイツ語は名詞に性があります。
自然界の性と一致するものもたまにありますが、大部分は全く関係ありません。

そしてその性に応じて冠詞が変わります。
それがder,des,Dem,dieと言うやつです。
それだけでなく、名詞の語尾も変わります。
おまけに形容詞まで語尾変化します。

覚えることは山ほどあります。
70を過ぎて果たしてどこまでたどり着けるか、年を言い訳にするつもりはありません。
 今日10覚えて明日には9忘れる状態ですが、それでも1は進歩しています。
ざるで水をすくうというたとえがありますが、それでも一生懸命すくい続けば
いつか水は溜まります。
毎日遣らねばいけないことがあるのは。いい刺激です。

今回は多聞城についての話を、講師に北村氏をお迎えして伺いました。
ソムリエ的な知識では、現在の若草中学に多聞城と言う松永久秀が築いた
中世の城があった。
そして、そこに築かれた多門櫓が近世の城郭建築の先駆けとなった
という程度の知識しかありません。
講師の北村氏は教員であった時代に若草中学にも長年赴任されていたとか。

その多聞城についてどんな話が聞けるか大変楽しみでありました。
私自身は若草中学のこの階段の下までは行ったことはありますが
中には立ち入ったことはありません。

まず多聞城を築いた松永久秀とはどういう人物であったかと言うところから
話は始まりました。


戦国三大梟雄」と言う言葉があり、日本の応仁の乱後の戦国時代に悪行・悪名をとどろかせた戦国 武将「北条早雲」「斎藤道三」「松永久秀」を主に指し、そこに「宇喜多直家」も加える 場合も有りますが、とにかくその評判はあまり芳しいものではありません。

その理由は主に江戸時代の朱子学により定着した武士の道義に基づいたものですが、
その倫理観は戦国時代共通にものではありません。

むしろ、戦国時時代を生き抜いた稀代の才覚は今テレビで放映中の真田昌行を
凌駕するものであったと言えるでしょう。
久秀は30歳ごろまでの前半生は全く分かっていません。
そのことは逆に大した出自ではなく
己の才覚だけで戦国大名にまで上り詰めたことの証でもあります。

なればこその悪評であり、信長もおそらくその才を評価するとともに恐れたのかもしれません。

こうした内容を実に詳しく話していただけ、今までの久秀に対するイメージを大きく変えさせられました。

そして多聞城についての話しですが、まず中世の城とはいかなるものか
と言うところから始まりました。

中世の一般的な城は、石垣はなく土塁で囲まれ,板葺き、板壁柱は掘っ建て柱でした。
では中世の城である多聞城はどうか?

宣教師の本国への手紙から多聞城はそう言った従来の城とは全く違ったものであることを
解き解いていきます。
いわく「城壁は白く明るく輝く白壁であり、屋根は美しい黒瓦で覆われ、その庭園は見たことがないほど美しい、世界中でこのように美しい城はない」

この言葉を裏付ける多くの資料、さらには考古学的な観点からは
発掘された瓦などの話しがありました。

そして地勢的にみると、その城は多聞山を中心に東に善称寺山、西に聖武天皇陵の丘陵を
巧みに取り入れ前面に佐保川を抱き、興福寺そして奈良の町を眼下に収めるものでした。



しかしながらこの優美で且、戦略的にも優れた城は久秀が信長に打ち負かされたことによって
取り壊されることとなりました。
しかし、その素晴らしい城は、信長も認めていた証拠に、信長の京都二条屋敷に一部移された
ことが文献資料から明らかにされます。

多聞城がいかに優れた城郭であったかは、現代の学者によっても、「近世城郭の先駆け」
「安土城のモデル」と評価されています。


久秀は奈良にとっては従来大仏焼き討ちによって悪いイメージが定着していましたが、
最近では、久秀ではなく三次側のせいであると見直されていること、さらには
奈良町の発展にも久秀が大きく貢献したこと等
今回のお話を聞いて、久秀、多聞城に対するイメージが大きく変わらされ、
久秀、多聞城に大いに関心を抱かされました。




カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/02 伊藤達矢]
[01/24 千鳥祐宣]
[05/07 鴨媛]
[10/28 鴨媛]
[07/29 卜部]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マスター
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
奈良市にあった喫茶店『可否茶座 アカダマ』の元マスター.2013年奈良大学通信学部文化財歴史学科を卒業。奈良まほろばソムリエ検定第1期ソムリエ取得。第1回小倉百人一首検定1級合格。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © akadama All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]