忍者ブログ
アカダマブログ
[774]  [773]  [772]  [771]  [770]  [769]  [768]  [767]  [766]  [765
奈良大学の卒論で春日大社成立の諸問題を取り上げてから、
もう、6年になりますが、その間、卒論では時間の制限や
枚数制限で取り上げられなかった、いろいろな問題に向き合ってきました。
そうして、高畑町の変遷についてや、社家の問題を調べてきましたが、
 その過程で地元の破石と、それに関係するいろいろな伝承があることを知りました。
ここからは歴史学というより民俗学の分野かもしれません。
しかし、伝承というのは、記録として残していかなければ
やがて忘れ去られるかもしれません。
 伝承には多くの情報が含まれている可能性があります。
そこで今回、このブログにその伝説を書いていこうかと思います。

その学問的な裏付けについては、これから時間をかけて調査していくつもりです。
ですから、こういう話が残っているという事例だけを
取りあえず書き連ねていこうと思います。
そのことについての説明は、まだ出来ないかもしれません。
興味のある方だけ読んでいただけたらと思います。

 こういった話を収集されたのは、鏡神社の先々代の宮司である
梅木春和氏です。
梅木氏は国学院大で折口信夫氏に師事され、鏡神社の宮司職のかたわら
こういった話をコツコツ聞き取り文章にされていました。

その原稿を、この度、春和氏の姪子さんより、私がお預かりしたものです。

この当時春和氏が、お話を聞かせていただいた方は、ほとんど故人となり、
今や地元でも語り継がれていません。

それだけに、こうしてブログに載せ、広く興味のある方にお見せするのは
意義があることかと考えました。
尚、梅木家は春日の南郷禰宜家の筆頭の家で、明治までは代々春日の
常住神殿守を勤めた家柄です。その名には代々、通字として「春」がついています。

最初に吉備塚についてです。

 
まだこのほかにも多くの方から、話を採集されていますが
とりあえず第1回として
下高畑町にお住いで、江戸時代から続く油屋だった旧家の
方からの聞き取った話を、そのままを掲載します。
 あくまでも聞き取った話であり史実ではありません。

「吉備塚は吉備大臣の邸宅跡である。
大臣が夏、勉強してはる時に、塚の北にある川でカエルがやかましく鳴いて
読書の邪魔になるので以後鳴くことならぬと、封じてしまわれた。
だから、音無し川と言うようになった。
下流ではやかましく鳴いたので鳴川と言う名になった。
吉備塚は触ると恐ろしい祟りがあると、昔から言われているところである。
53連隊を、こしらえる工事の時に、地ならし作業の下請けを大林組が引き受けた。
その時分はあの辺一帯は田で、あった。
大林組の土方某が塚を崩しはじめた。
1坪ほど掘ったら、細い白蛇が出てきて、その人を睨んだ。
その人はびっくりして、えらい熱をだした。
長谷川旅館で病臥していたが、妙なことをする。
蛇みたいな挙動をするので、これはきっと、蛇の霊に取りつかれたのや
ということになり、滝坂の妙見さんに籠って療養さした。
長いことご祈祷をしてもらったあげく、その人が
「障子を開けてくれ」と言うので開けるとすっかり回復した。
そんな祟りがあったので、地均し作業は中止になった。
これは明治40年頃のことである。
その時の工事の現場監督 を、私の家の裏に住まわせていたので、こんな話を聞いた。
その後、地均しをしようとしても、兵隊が塚に触ると原因不明の病気になったり、
死んだりするので、とうとう塚はそのままになってしまっている。」
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 12
13 15 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/24 千鳥祐宣]
[08/25 yoshiki772@gmail.com]
[01/24 千鳥祐宣]
[05/07 鴨媛]
[10/28 鴨媛]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マスター
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
奈良市にあった喫茶店『可否茶座 アカダマ』の元マスター.
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © akadama All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]