忍者ブログ
アカダマブログ
[747]  [746]  [744]  [740]  [743]  [742]  [741]  [739]  [738]  [737]  [736
春日大社のことを調べている中で、社家についても興味が出てきて調べていくと
 今度は社家町としての高畑について調べる必要が出てきました。
 そこで高畑の歴史について調べていくと、今度は新薬師寺について調べる必要ができ、
いわば芋ずる式に次から次へと調べる範囲が増えていきます。

高畑と新薬師寺については江戸時代享保20年(1735)に書かれた『奈良坊目拙解』に
下高畑町の項で、高畑町のあたりは元、新薬師寺大伽藍の敷地であったが、
堂廟僧房が退廃して高貴な寺が田畑に転じた故、この辺りを高畑と称するとあります。

要するに高畑あたり一帯は上古新薬師寺の伽藍境内であったと伝えています。
正倉院に伝わる『東大寺山堺四至図』に東大寺の羂索道のほぼ真南に
単層七間の堂が描かれ「新薬師寺堂」と注記されています。

このことから、あたりの地名が本薬師町と言われることもあり
今の教育大あたりに新薬師寺の金堂があったことは推定されていましたが、
2008(平成20)
年になって、「東大寺山堺四至図」に描かれた横長の巨大な金堂跡と思われる遺構が 奈良教育大の敷地内から発掘され評判になったのは記憶に新しい出来事です。
その新薬師寺ですが、正史には創建の記事はありません。
時代は下がりますが、12世紀初めに編纂された東大寺要録天平19年
「仁聖皇后、天皇の不豫に縁りて、新薬師寺を立て、幷に7仏薬師像を
造る」と出てくるのが初めての記録です。
ただその後の天平20年の正倉院文書には新薬師寺にて薬師経疏を
講じたという記事があり、その時、新薬師寺が存在していたことは
間違いありません。
同じく東大寺要録に「新薬師寺、亦香薬師寺と名付く、仏殿9間。
7仏浄土7躰あり」

とあって、新薬師寺は香薬師寺とも呼ばれていたことが分かります。

さらに新薬師寺に関係する記事をたどっていくと新薬師寺は
香薬師寺のほかに、香山薬師寺とも記され香薬師、香山薬師寺、
香薬師寺と記されたものもあり、これらはすべて新薬師寺の別称であると
思われますが、『正倉院文章』にはこれらの他に「香山寺」という
寺名がでてくる話があり話がややこしくなります。
『延暦僧録』の「仁政皇后菩薩」伝には

「皇后また香山寺金堂を造る。仏事荘厳具足す。
東西桜榭帯に彫り、左右危観虚敞たり。雅麗名づけ難し。
皇后また香薬師寺9間仏殿を造る。」
とあり、これによれば光明皇后が香山寺と香薬寺の両方を造ったとあります。

先に出てきた東大寺山堺四至図には、新薬師寺と香山堂が両方描かれています。
どうやら香山薬師寺と香山寺は別であると考えられますが、

正倉院文書には、天平勝宝5年に香山寺で薬師悔過が行われたらしいこと。
天平宝字2年には東大寺写経所が香山寺から薬師経80巻借用したことが伝えられており、両寺とも薬師信仰の寺であり、薬師を本尊とすることから香山寺を新薬師寺の別称であるという説があり論争は未だ止んでいません。
香山寺の本格的な発掘調査は行われていませんが、昭和41年には文化財研究所
が簡単な調査を行い瓦が数点発見されており、平城京の瓦と同じ時代のものと推定されています。

建物に関しても、相当規模の建物が少なくとも4棟以上はあったと推定しています。
平安時代に入っても香山寺は正史にも登場し『三代実録』元慶4年(880)の記事にその名前が見えます。ただ10世紀末を境に記録は途絶えおそらく倒壊するなどの事情で廃絶したと考えられます。
その後中世から近世にかけてこの地は高山竜王社を中心に祈雨、止雨を祈る霊地として信仰されるようになり、香山寺の記憶は失われてしまいますが、ただ地名の高山は
香山が転訛したものと考えられます。
 以上長々と書きてきましたが、要するに新薬師寺とは別に同じ薬師の寺として
 新薬師寺より早く、香山寺が存在していたこと。
果たしてその香山寺が新薬師寺の前身といえるのか?
尚、最近になって失われていた手首の先が発見されて評判となった香薬師像が
この香山寺の本尊であったのか?
香山寺に関しては未だわからないことが多くあります。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 千鳥祐宣]
[05/07 鴨媛]
[10/28 鴨媛]
[07/29 卜部]
[04/22 葛井悠煕]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マスター
性別:
男性
趣味:
歴史
自己紹介:
奈良市にあった喫茶店『可否茶座 アカダマ』の元マスター.2013年奈良大学通信学部文化財歴史学科を卒業。奈良まほろばソムリエ検定第1期ソムリエ取得。第1回小倉百人一首検定1級合格。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © akadama All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]